ファッション 年相応

年相応のファッションとは

年相応のファッションでオシャレに

若いころは露出のある格好をしても、短いスカートをはいても誰にも何も言われずに
オシャレができました。
今、ホットパンツなどありますが、30代にもなるとはきたいけど、足を見せるのはと
躊躇してしまいます。

 

正直こんなのをはいたら笑われるだろうかとか、
見苦しいかなとか、いろいろ思います。
ホットパンツの下にレギンスをはくなどして素足を見せないようにして
はくのは大丈夫なのですが、最近ではレギンスもどうなのかと思うようになりました。

 

ブライダルエステの口コミ@新宿

 

そんなことばかり思っているとオシャレなんて出来ません。
年を取れば取るだけ、年相応のファッションをしないといけないのかと思うと
もっと自分のしたい格好をしたいと思うようになりました。

 

オシャレはいくつになってもしていいと思います。
可愛く、綺麗にかっこよく着こなすことができるとパーフェクトですが、
そんな格好が似合う素敵な年の取り方がしたいと思っています。

 

女に生まれたから、いつまでも輝いていたいですものね。

 

ブライダルエステのクチコミ@仙台

とってもオシャレなおばあさん

服に着られないようにすることが重要

この間テレビを見ていて、衝撃を受けました。
町を歩いているオシャレな人にインタビューするという番組なんですが、
おばあさんくらいの年齢の方が、配色もいい、オシャレな格好をしていました。
それがまた、違和感もなくとてもその方に似合っていて
うらやましく思いました。

 

たまに、洋服に着られているような方がいらっしゃいます。
素敵な洋服でも、服に着られているのではなく、服を着ているように見せたいですよね。
それだけチグハグな格好をせずに、自分に似合ったものを、そして自分の好きな洋服を
着こなしたいと思っています。

 

そのおばあさんは、若かりし頃に洋服の販売をしていたそうです。
そのセンスが半端なくよくて、そしてコーディネートの仕方もプロ。
まさに、デザイナーの域でした。

 

こんな方が身近にいたら仲良くしたいと思いました。
この人と一緒にいたら自分のセンスも磨かれると思ったからです。

 

このおばあさんみたいにわたしも将来は若い人たちから
センスがいいおばさんと言われたいです。

 

ブライダルエステの口コミ@広島